痛風を気をつけたい年齢

痛風を気をつけたい年齢。痛風は何歳から?

痛風年齢

 

 日本の痛風に掛かる人、年齢などの痛風事情は、ここ数年でかなり変化しています。

 

かつて、痛風は「美食」を楽しめる一部の裕福な人たちの病気でした。その後、国民全体の生活水準が上がり、時代は「美食」から「飽食」へと移りました。今は、だれもがどこに住んでいても、同じように盟かな食生活を楽しむことができます。

 

その結果、痛風は富裕階層から一般大衆へ、都市から地方へと広がりましたそして近年、その発症年齢にも変化が起こっています。痛風の特徴は、まず一つに忠者全体の99%が男性だということです。

 

また、年齢別にみると、そのほとんどが40代以降で、思春期以前にはみられません「痛風は中高年以降の男性の病気」というのが、これまでの定説だったのです。

 

ところが、ここ数年、痛風の若年化が進んでいるといいます。1980年代までは、20代の痛風患者は20%にも満たなかったのに、以後、若年層の患者は徐々に増加する傾向にあります。2017年では、むしろ30代が発病の中心年齢だといってもよいくらい壮年層から若年層へと痛風は広がりをみせているのです。

 

次に、痛風の若年化の背景をさぐってみることにしましょう。

 

 痛風の若年化には、食生活の変化や精神的ストレスの増大が深く関わっているといいます。動物性脂肪の多い殴米食や多量の飲酒は、痛風の大きな原因の一つになります。
同時に、朝食を食べない人や、インスタント食品やファーストフードを常食している「貧食家」も「痛風予備軍の予備軍」といえます。この「朝食抜き」と「貧食家」というのは、現代の若者を象徴しているかのようではありませんか。一人特らしならば、なおさらです。朝はコーヒーを1杯飲んで出かける昼はハンバーガーや牛件、サンドイッチ、夜はビールにコンビニの弁当。そんなライフスタイルの若者が、急激に増えています。
 また、飲酒年齢層が若年化していることも、大きな問題としてとらえるべきでしょう。次にストレスの問題です。少し前までは、痛風同様ストレスといえば、中高年の管理職に特有のもののように思われていました。しかし、現代は小学生の子どもといえども「ストレス」を感じる時代です。たしかに今の時代、受験や人間関係など、若者といえども悩みはっきません。さらに成長して、世界が広がるにつれストレスを感じる機会は増える一方でしょう。食生活の乱れに過剰なストレス。現代特有の二つのひずみが改善されない限り、痛風の若年化は避けられませんよ!

 

痛風予防を始めるための痛風サプリ