痛風になる男女差や性別

痛風に掛かりやすい年齢や性別。そして食生活も

 体内に尿酸が増え、血液中の尿酸値が高くなると高尿酸血症になります。

 

そのうちのおよそ10人に1人が痛風になるといわれています。
では、痛風患者にはどんな傾向がみられるのでしょうか?

 

まず、男女差でいうと男性のほうが圧倒的に多く、痛風患者全体の99%を占めています。

 

これほどまでに男女差が生じる理由としては、もともと女性の尿酸値は、平均して男性の3分の2しかなく、高尿酸血症になりにくいことが考えられます。

 

これにはエストロゲンなどの女性ホルモンの代謝が関係していると考えられていますが、女性でも腎疾忠の病歴のある人、サイアザイド系の降圧剤を服用している人、閉経後の人は、高尿酸血症をまねきやすいので注意が必要です。
一方、男性の尿酸値は思春期に急激に上昇し、それ以降は年齢とともに下降していきます。
ところが、何らかの影響で尿酸値が上がりすぎると高尿酸血症になり、その状態が10年くらい続いた結果、痛風の発作が起こることがあります。

 

そのため、痛風は40代〜50代に発病しやすくなるといわれ、思春期以前にみられることはまずありません。ただし、最近は若年化の傾向にありますから、30歳を過ぎたら要注意と考えたほうがよいでしょう。

 

美食、過食は痛風のもと

  現代人は、美食や過食に走りがちです。おいしいものを腹いっぱい食べられるということは幸せなことですが、この美食や過食こそが尿酸値を上げ、痛風を引き起こす最大の敵となりうるのです。

 

美食や過食が痛風を引き起こす原因は二つあります。

 

一つめは「プリン体」という物質尿酸は、いきなり尿酸という形で体内に存在するわけではありません。
まずプリン体という物質があって、尿酸はこのプリン体が分解されるときに生じる、いわば老廃物(燃えかす)なのです。尿酸の大部分は、体内でつくられるプリン体から合成されているのですが、プリン体を含む食品からもつくられます。
高カロリー食事や動物性食品、アルコールはプリン体を多く含んでいます。
美食や過食によるこれらの食品のとりすぎは、プリン体のとりすぎにつながります。さらに、アルコールは体内でのプリン体の合成を促し、尿酸の排池を抑制することもわかっています。

 

さらに、もう一つの原因は、高カロリー食事がまねく肥満です。
肥満は尿酸の排池を悪くするため、体内の尿酸量が増加しやすくなります。事実、痛風忠者には、肥満や血液中の脂肪が増加する高脂血症患者が多く、肥満の代表ともいえる力上にも、むかしから痛風忠者が多くみられます。

 

このように、美食家、過食家、そして肥満の人は、体内に尿酸が増えやすいのに減らせないという二重の意味で、痛風にかかりやすいといえるのです。

 

痛風に掛かりやすい年齢や性別。そして食生活も

 

 

スポーツ選手と管理職は痛風予備軍

 激しい運動をするスポーツ選手には、痛風に怖む人が多いといいます。

 

お相撲さんの場合は肥満という要因からもうなずけますが、野球選手をはじめボクシングやゴルフの選手にも痛風が多いというのは、ちょっと意外です。

 

健康そのものにみえるスポーツ選手に、なぜ痛風が多いのでしょうか?

 

体内の尿酸値は、激しく運動すると一時的に上昇しますここで水分さえ十分に補給してやれば、増えた尿酸は尿に溶けて排泊されてしまうのですが、水分を十分にとらないと血液中にたまってしまいます。

 

プロの選手など第一線で活躍する選手たちは、若いころから練習や試合でからだを酷使しています。
しかも、必要以上に汗をかかないようにと、十分に水分を補給することなく動き続ける場合が多いようです。

 

このことが、痛風にかかりゃすくなる原因だと考えられます。

 

また、強いストレスを受けたときにも尿酸値は上がります。同時に、人はストレスを感じるとアドレナリンの分泌が増え、血管の収縮が起こるため、尿虫が減少します。

 

その結果、尿酸もうまく排池されなくなるといわれています。

 

今の世の中、ストレスを感じずに暮らすことなど不可能でしょう。
特にストレスが多いといわれる管理職にある人は、痛風にかかりゃすいといえます。中高年に痛風患者が多い一因ともいえるでしょう。