痛風サプリメントで痛風の痛みをなくそう

風が吹いても痛い「痛風発作」の原因と対処法

 

 風が吹いても!? 吹かなくても超、超痛いんですけど。。

 

 

今まで長い人生を生きてきて、「悶絶」って言葉を使いたくなるのは「痛風」ぐらいです。

 

なぜこんなに痛いのか?

 

痛風発作とは、
結晶化した尿酸が関節部などにたまって、炎症を起こしている状態です。

 

この結晶が、細長い針状の形をしており、これを異物と認識して白血球が攻撃します。

 

 「白血球」 VS 「尿酸の結晶」

尿酸の結晶と白血球

 

足の指の根元や甲、ヒジやヒザはこの戦いの戦場になってます。

 

そら痛いです。涙が出るくらい?大泣きするレベルで痛いです。

 

 

痛風発作の痛みをなくすに!

 

 すでに痛風の方、痛風発作がある方は、痛みの原因である「尿酸の結晶」が100%あります。

 

その「尿酸の結晶」を体外に出してしまえば痛みはなくなります。

 

尿酸の結晶が溶かして、排出してしまえばいいということです。

 

その効果のある漢方サプリが、「白井田七」です。

 

痛風持ちの愛用者はダントツ多いです。

 

痛風の痛みが消え、生活習慣病にも効果が高い「白井田七」の詳細は公式サイトをご覧ください。

 

 

痛風予防

 

痛風の症状がおさまっても治療はつづけるべし

 ひとたび「痛風発作」が起こると、耐えられないほどの痛みにおそわれます。そして、2〜3日で痛みは徐々にうすらぎ、1〜2週間もすれば、何事もなかったかのようにおさまります。

 

ここで危険なのは、「痛みもないし、痛風は完治した」と安心してしまうことです
痛みの発作は、病気全体からみれば、氷山の一角にすぎません発作がおさまったからといって、診断も受けず、放置しておくと、しばらくしてから再び発作に見舞われることになります。

 

そして、発作を繰り返すたびに病態は悪化していきます

 

というのも、痛風患者は、必ず高尿酸血症という病気をもっているからです。
痛風そのものが原因で死にいたることはないのですが、高尿酸血症の治療をおこたっていると、さまざまな合併症を併発します。
かつては、痛風から腎不全に陥り、尿毒症で亡くなる方が多かったのですが、現在はこのような経過をたどる患者さんはほとんどみられません。むしろ、脳・心血管障害などの合併症が原因で死亡する痛風患者が増えているといいます発作がおさまっているからといって痛風を甘くみると、とりかえしのつかないことになりかねないのです。

 

痛風は危険

 

痛風はサプリや薬で治療しやすい病気

 しかし、痛風を必要以上におそれることはありません

 

 発病の原因は一つではなく、さまざまな原因が絡み合っているものですが、その原因を一つ一つひもといていくと、つまりは生活習慣を正すことで、痛風や高尿酸血症はある程度予防できることがわかってきます。

 

また、痛風やその予備軍の仲間入りをしたとしても、悲観的に考えないでください痛風や高尿酸血症は、生涯にわたって尿酸値をコントロールし、うまくつきあうことができれば、発作や合併症に悩まされることもなく、健康な人と同じように社会生活を送ることができる病気なのです。

 

それに、痛風は生活問慣病のなかでも、比較的治療のしやすい病気といわれています医師のいうことをきちんと守って治療を続けてやれば、発作の痛みにおそわれることもなくなります。また、痛風予備軍といえる無症候性高尿酸血症にかかっても、尿酸コントロールさえきちんとできていれば、一生痛風を発病せずに過ごせるはずです

 

そのためには、病気に対して正しい知識をもつことが大切です
痛風はもちろん高尿酸血症、その他の合併症、それらに対する予防法や治療法、日常生活で気をつけたいことなどなど。
知っていれば快適に暮らせる知識がたくさんあります次の章からは、痛風という病気のメカニズムや合併症、治療法などについて、本サイトで詳しく解説してますので色々と見て頂ければと思います。

 

痛風克服への第一歩を踏み出しましょう。

 

痛風予防

 

痛風治療から見る痛風サプリメントや薬の使い方

痛風薬サプリ

 

一般的に痛風の治療は、次の3段階に分けて考えられます。

 

@痛風発作に対する治療
A尿酸コントロールの初期治療
B尿酸コントロールの生涯治療

 

まず初めに、「@痛風発作に対する治療」が行われます。これは痛みをやわらげるための治療で、薬物療法が中心となります。ここで使われる薬には、発作の前兆がみられるときに飲む薬と、発作の最中に飲む薬の2種類があります。

 

痛風発作がおさまったら、二つめの「A尿酸コントロールの初期治療」に入ります。薬物療法を中心に、食事療法や日常のケアを併用しながら3〜6カ月にわたって行います。ここで使用する薬の種類は高尿酸血症のタイプによって異なりますが、原則として排泄低下型の人には尿酸排泄剤が、過剰生産型の人には阻害剤という薬が用いられます。
尿酸コントロールの初期治療につづいて、合併症の予防や発作を繰り返さないための「B尿酸コントロールの生涯治療」が行われます。ここでの治療は、薬と食事療法の2本立てと考えてよいでしょう。

 

こうして薬の服用と食事療法は生涯続けなければならないのですが、尿酸値が安定してくると、安心して薬の服用をはじめとした治療をやめてしまう人がいます。しかし、勝手な判断で薬をやめると、尿酸値はたちまちのうちに再び上昇してしまいます。治療の結果、尿酸値が正常値まで下がって安定してくれば、薬は医師の判断で徐々に減らすことができますから、それまでは、きちんと薬を飲み続けなければなりません。

 

痛風発作の苦痛をやわ告げる薬

 痛風の発作を何回か経験すると、「発作の前兆」というものがわかるようになると思います。足の親指にムズムズとした違和感があったり、ごく軽い痛みがあったりと、前兆は人によってさまざまですが、いずれにせよ数時間後には、本格的な発作がおそってきます。そこで、痛風発作に対して使われる薬には、前兆期に飲む「コルヒチン」という薬と、発作期に飲む「非ステロイド系抗炎症剤」の2種類があります。

 

コルヒチンは発作を未然に防いでくれる

 コルヒチンは、昔から痛風の特効薬として知られる薬です。主成分は、ユリ科のイヌサフランという植物の種子や球根からとったアルカロイドの一種で、なんと紀元前から痛風の特効薬として用いられていたといいます。
痛風発作の前兆を感じたら、ただちにコルヒチンを1錠(0・5mg)服用すると、発作を未然に防ぐことができます。薬の効果は、服用が早ければ早いほど高くなりますから、前兆を上手にキャッチして飲むのがコツです。
コルヒチンは痛風発作に効果が高い薬ですが、副作用も強い薬です。コルヒチンは大量に飲むと、脱毛やひどい下痢などの副作用を起こします。骨髄のはたらきを抑える作用があります。よく効くからといって、乱用することだけは絶対にしないでください。

 

非ステロイド系抗炎症剤は痛風発作の最中に使う

 この薬は、発作の最中に使う薬で、ジクロフェナック、フェンブフェン、ナプロキインドメタシンなどがあります。いずれもよく効きますが、胃腸障害が出ることもありますから、服用方法を正しく守らなければなりません。

 

コルヒチンや非ステロイド系抗炎症剤は、痛みを抑える薬であって、発作の原因である高尿酸血症を治療する薬ではけっしてありません。発作がおさまったら、次に述べる高尿酸血症の薬を服用し、痛風の原因を絶たなければなりません。

 

 

尿酸をコントロールする薬

 高尿酸血症の薬には、尿酸排泄低下型に使われる「尿酸排泄剤」と、尿酸過剰生産型に使われる「阻害剤」の2種類があります。

 

尿酸排泄剤は尿酸の排泄を促進する

 尿酸排泄剤は、尿中への尿酸の排泄を促進して尿酸値を正常化させます。尿酸排泄剤にはいろいろな種類がありますが、高い効果をもちながら副作用が少ないものに、プロベネシッドやベンズブロマロンという錠剤の薬があります。
プロベネシッドは通常、症状に合わせて1日500〜1000mg(2〜4錠)を2回に分けて、12時間おきに服用します。一方、ベンズブロマロンは効き目が強いため、服用は1日1回(半錠〜1錠)ですみます。ただし、ベンズブロマロンはプロベネシッドの20倍以上の尿酸排泄作用があるため、腎臓に負担がかかって、腎障害を起こす危険がありますから注意が必要です。

 

阻害剤は尿酸の生産を抑える

 尿酸の生産を抑えることによって尿酸値を下げる薬が阻害剤です。代表的なものに、アロプリノールという錠剤の薬があり、通常は症状に応じて200〜400時(2〜4錠)を12時間おきに服用します。長期にわたって服用しても、副作用の心配はほとんどありませんが、投与初期のアレルギー症状には注意が必要です。

 

 

どうでしょうか?
お医者さんなどで処方される痛風の薬はよく効くのですが、その分副作用も風邪薬などの比じゃありません。

 

だから、自然成分の白井田七をおすすめしているのです。

 

もちろん、白井田七には「@痛風発作に対する治療」のように即効性はありません。
「A尿酸コントロールの初期治療」、「B尿酸コントロールの生涯治療」に使用する痛風の原因から症状を改善してくれる痛風サプリメントです。

 

多くの痛風持ちの方が絶賛されている白井田七を是非実感してください。

 

痛風予防